何があっても、自分は自分、人は人という気持ちを持つということの大切さについて書きます。

私は、何があっても譲れないところは譲らないようにしています。それは、常識的なことではなくて、自分のポリシーの部分のことです。私は世の中には色々な人がいて、色々な価値観を持っている人がいると思うのですが、その人たちすべてのことを鵜呑みにしてしまってばかりいると、自分がなくなってしまうと思っています。この世の中に生まれてきたからこそ、個性があっていいのだろうし、自分が生まれてきたことの意味を見いだせるんじゃないかな、と思っています。私は、上に立つ人というのは、自分のことではなく、常に人のことを考えて行動していると思います。自分のことばかり考えている人は、絶対に良い方向へは進まないし、自分の考えだけに凝り固まってしまっていいことはなくなってしまうと考えています。ですから、私は色々な方の意見を聞きながら、色々な価値観を共有しながら生きていくことが大事なのではないのかなと思っています。これからも周りと積極的に関わっていこうと思います。歯ぎしりサプリ